nora.シリーズのメンテナンス&修理について

Maintenance&Repair

実はちょっと楽しい作業です!

ちょっと難しそうなイメージがある家具のメンテナンス。
mamの場合、簡単に出来ちゃいます。
どんどんメンテナンスして、どんどん味を出していきましょう!
自分だけの家具に成長させましょう。

※こちらは、「nora.」製品に関するメンテナンス&修理のご案内です。

成長する家具ってどんな家具?

ヒビ・ワレ・剥がれ・キズ・打痕

mamの家具は、パイン材を水性塗料で塗装しています。

パイン材は柔らかい木。
水性塗料はあたたかい雰囲気を出すために木の呼吸を閉じ込めない塗料です。

mamの家具は、自分たちの手でどんどんメンテナンスが出来ます。

きっと、愛着のある世界に一つだけの家具に成長するでしょう。

家具のメンテナンスグッズ

紙やすり、瞬間接着剤 水性塗料&筆、オイル&ウエス マムクレヨン

紙やすりは#240~400を使います

状態によってメンテナンスに使うものは変わってきます
しかし、どれもお近くのホームセンターで手に入るものです。

塗料が染み込んだ布やウエスは自然発火の恐れがあります

※使用したウエスは、必ず焼却するか、水の入った容器に入れて処理してください。

※取扱いに際して製品の注意表示や取扱い説明書を必ず読み、注意事項に従って処理を行ってください。

メンテナンスってどうするの?

それぞれの状態にあったメンテナンス方法があります。

【NA、カフェ、WH、BL、PK、GN部分】× 割れの場合

紙やすりと瞬間接着剤をご用意

  • 1.割れの部分にたっぷりと瞬間接着剤を流し込みます。
    はみ出して固まったらカッターなどで削って下さい。(使用には十分お気をつけ下さい。)
  • 2.割れ部分を広めに紙やすりでやすります。
  • 3.

    NA・カフェ色部分は、オイルを染み込ませたウエスで塗装

    WH・BL・PK・GN部分は、水性塗料を筆で塗装してください。

【WH、BL、PK、GN部分】× ヒビ・傷(浅め)の場合

紙やすりと水性塗料&筆をご用意

  • 1.ヒビ、傷部分が滑らかになるまで、紙やすりでやすります。
  • 2.水性塗料を筆で塗装してください。

晴れた日はDAYチャレンジ!!

mamの「アロエスツール」を使って、カスタマイズした様子をご覧いただけます。

【NA、カフェ部分】× ヒビ・傷の場合

紙やすりとオイル&ウエスをご用意

  • 1.ヒビ、傷部分が滑らかになるまで、紙やすりでやすります。
  • 2.塗料を染み込ませたウエスで塗装してください。

【WH、BL、PK、GN部分】× ヒビ、傷、打痕、はがれ(深め)

マムクレヨンをご用意

  • 1.はがれ、深めのヒビ、傷、打痕には、mamクレヨンを塗ります。
    埋め込むように使用してください。
  • 最後に、はみ出した部分をウエスなどで拭き取って下さい。

【WH、BL、PK、GN部分】× アレンジ

アレンジで、水性塗料を紙やすりで剥がしたり、水性塗料でお好みの色に塗り替えてはいかがでしょうか。